ブログ

デスクワークの方にお勧め~ボディキー~

こんにちは
トレーナーの平野です。

今日はピラティスツールのボディキーについてご紹介したいと思います。

ボディキーとはサドルのようなこの器具の事です。不安定な作りになっていて前後に動きます。

t02200238_0480052013434563397

不安定なボディキーの上に座ることでムーブメント中は常に骨盤を安定させるためのコアを意識しなければいけません。

t02200253_0250028813434566252

そのため座位で正しい姿勢を作るための筋肉を強化することに向いています。 
ムーブメント自体も座位で行うものが多いので、立位や寝た状態でムーブメントを行うよりも座った時の正しい姿勢に必要な筋肉がよりわかりやすく理解できます。 

椅子に座っているときは気づくとこんな姿勢になっていませんか?

全身が脱力し、骨盤は後傾、腰や胸は丸くなり、首が前に出ている、、

デスクワークの方は一日のほとんどを座って過ごすと思います。
このような姿勢で一日を過ごしてしまっているのであれば間違いなくあちこちの筋肉が悲鳴を上げています。座った時の姿勢は立った時の姿勢にも歩く時の姿勢にももちろん影響します。

その結果
腰痛・肩こり・坐骨神経痛・首の痛み・顔のたるみ・下っ腹が出てくる、などの不調がでてきたり、代謝も落ちてしまいます。

ではどうやって座ればいいのでしょうか?


まず腰が前に滑ってこないように脚を踏ん張りやすいように広めにスタンスをとります。次に仙骨(お尻の割れ目の上にある骨)を背もたれにあてるようにして、お尻を突き出して椅子の座面と背もたれの間に差し込むようにして座ります。
背中が全て背もたれにくっついておらず腰のあたりに少し隙間が空いている状態になります。
マットの上に寝た時のニュートラルポジションと同じですね。
腰の間にタオルやブランケットなどを挟むと姿勢が保ちやすくなりお勧めです。

逆に背もたれに背中がぴったりとついているという事は座っている間常にCカーブになっているという事になりますよね。
立った時に骨盤が常に後傾した姿勢になってしまうのも納得です。

ボディキーでトレーニングを行うと骨盤を立てて正しく座るという感覚を実感することができます。
どこに力をいれて、どこを脱力すればいいのか、最初はその姿勢をキープすることは大変ですが、続けていけば自然と正しく座ることが身についていきます。

正しい動きは正しい立ち姿勢から
正しい立ち姿勢は正しい座り姿勢から

座位での姿勢改善強化していきましょう。

threeLands HP

threeLands facebook 

ピラティススタジオ スリーランズ大阪

大阪十三淀川区のピラティススタジオ - ThreeLands(スリーランズ) 大阪十三淀川区のピラティススタジオ
ThreeLands(スリーランズ)
〒532-0023 大阪市淀川区十三東2-10-8 merci osaka 4階

レッスン中の場合、留守番電話になりますので「お名前」「ご用件」
を入れてください。折り返しご連絡いたします。