ブログ

ピラティスと成長ホルモン

こんにちはトレーナーのRyokoです。

 

運動をする目的のひとつとして特に女性に多いのが「アンチエイジング・若返り」です。数年前と比べて衰えを感じたり、老けたと言われるよりも、いつまでも若々しく健康的な身体でいたいですよね。

アンチエイジングを目指す上で関わりが深いのが、「成長ホルモン」です。名前は聞いたことがあるかと思いますが、今日は少し詳しくご紹介したいと思います。

 

成長ホルモンは、成長と代謝に大きく関与しているホルモンで、分泌が増加すると下記のような効果があります。

 

成長過程にある子供のころは多く分泌されますが、年齢とともにその分泌量は減少していきます。







25歳をすぎた頃から急速に減少していきますので、いかに成長ホルモンを分泌させるかが、アンチエイジングの鍵となります。では、どのようにしたらいいのでしょうか?

成長ホルモンの分泌に欠かせないのは、「高負荷の運動またはスロートレーニング」です。

 

とはいえ、重たいウェイトを使ったトレーニングは女性にとってはなかなか難しく、不要な筋肉がついてしまったり怪我をしやすいリスクもあります。

その点、ピラティスは、呼吸も意識しながら全身の筋肉を動かしていくので、スロートレーニング効果があります。ピラティスで普段使わない筋肉を使っていくと、筋肉に疲労物質である乳酸などが蓄積されていき、それを脳が察知して通常の数百倍もの成長ホルモンを分泌します。

 

 

t02200176_0480038413273626094


運動後、約1時間程度で分泌が増加するので、ダイエットや減量したいという方は、増加したあとにウォーキングやランニングなどの有酸素運動をプラスすると、脂肪の燃焼効果もアップしますよ。順番が逆になると、効果が半減してしまうのでご注意ください。

 

そして、ピラティスで筋肉を動かしたあとは、質のよい睡眠をとってしっかり身体を休ませることも、成長ホルモンの分泌させる大切なポイントです。


運動効果の特性を知って、上手に楽しくアンチエイジングしていきましょう。


ピラティススタジオ スリーランズ大阪

大阪十三淀川区のピラティススタジオ - ThreeLands(スリーランズ) 大阪十三淀川区のピラティススタジオ
ThreeLands(スリーランズ)
〒532-0023 大阪市淀川区十三東2-10-8 merci osaka 4階

レッスン中の場合、留守番電話になりますので「お名前」「ご用件」
を入れてください。折り返しご連絡いたします。