ブログ

立ち仕事をしている人に多い足底筋膜炎

こんにちは。
トレーナーのSakiです。


今日は足底筋膜炎という病気についてお話しします。


足底筋膜炎とは足の指の付け根からかかとまで足底に膜のように張っている足底筋膜に炎症が起きて痛みをもたらす病気です。


長時間立ちっぱなしのお仕事をされている方や革靴をはいて歩きまわる営業マンの方など足を酷使するお仕事をされている方に多い病気です。

足底筋膜炎は足底の筋肉が硬くなることによって起こります。

なぜ足底の筋肉が硬くなってしまうのかと言うと、以前ブログでもご紹介したとおり足底には3つのアーチがあります。
①親指からかかとをつなぐ内側アーチ
②小指とかかとをつなぐ外側アーチ
③親指と小指をつなぐ横アーチ


現代人は常に靴を履いて生活するようになったことでこのアーチの力が弱くなっているのです。

弱くなった足底の筋肉はすぐに硬くなってしまいます。そして、硬くなった筋肉に無理にひっぱられることで足底筋膜が付着しているところの踵や指の付け根に痛みを引き起こしてしまうのです。
柔軟で強い足底を手に入れてアーチを正しく使えるようになるためにはトレーニングが必要になります。


ピラティスでは、様々なツールを使って足底にフォーカスを当てたトレーニングが可能です。

o0480064013628655943
o0480064013263519899
(こちらも以前何度かご紹介させて頂いておりますので是非ご覧下さい。ウォーキングをする前に足裏を!

そして、もちろん足底そのものを鍛えることも大切ですが足底に過度な負荷がかからないように上体から全身を鍛えることもとても大切です。

足裏だけでなく立ち仕事をつづけていて体に不調を感じている方は、是非一度体験レッスンにお越しください。
快適な体づくりのお手伝いをさせていただきます。

threeLands HP

threeLands facebook

ピラティススタジオ スリーランズ大阪
大阪十三淀川区のピラティススタジオ - ThreeLands(スリーランズ) 大阪十三淀川区のピラティススタジオ
ThreeLands(スリーランズ)
〒532-0023 大阪市淀川区十三東2-10-8 merci osaka 4階

レッスン中の場合、留守番電話になりますので「お名前」「ご用件」
を入れてください。折り返しご連絡いたします。