ブログ

膝関節にやさしい向き。

こんにちは。
トレーナーの夏井です。

みなさん、普段立っている時つま先まで意識されていますか?

今回は、膝関節に負担をかけないためのつま先の向きについて注目していきたいと思います。

普段立っているだけでも、お膝には体重の3倍もの負担がかかるといわれています。
だからこそ、関節にできる限り無理な負担はかけたくないですね。

ピラティスでは、「人差し指が真っ直ぐ時計の12時方向を向くように」だったり、「親指と人差し指の間のみずかきからかかとまでが一直線になるように」という意識をします。

これがお膝にとって正しい向きです。
例えば、つま先を外側に向けて立つと体が安定してとても良さそうですよね。
O脚の方もいつもは太ももの「外側」にかかっている体重が「内側」に変わり良さそうですよね?

実はこれが非常に膝関節に負担をかけてしまう原因のひとつといわれてます。
一時的に痛みが軽減することもありますが、逆にO脚を進行させる原因にもなります。
だからこそ、立つときも歩く時も両足のつま先まで意識してあげることで、正しい位置で余計な負担をかけることを防いでいきたいですね。

ぜひ、足の指先まで意識を向けて生活してみて下さい。

o0480064013263519899
ピラティススタジオ スリーランズ大阪

大阪十三淀川区のピラティススタジオ - ThreeLands(スリーランズ) 大阪十三淀川区のピラティススタジオ
ThreeLands(スリーランズ)
〒532-0023 大阪市淀川区十三東2-10-8 merci osaka 4階

レッスン中の場合、留守番電話になりますので「お名前」「ご用件」
を入れてください。折り返しご連絡いたします。