ブログ

自発的脱水に気をつけましょう

こんにちは

トレーナーのRyokoです。

暑い毎日が続きますね。スリーランズのクライアント様も、スタジオに着くと汗をふいて「暑い~」というのが挨拶がわりのようになっております。

そんな夏場の水分補給、お水だけではなく塩分もとってミネラル補給するというのは、常識になってきているかと思います。とはいえ、お水を飲むたびに塩分が必要?今日は少し詳しく水分と塩分のことをご説明したいと思います。

私たちの身体は、約60%が水分。そして、1日に人間の身体からは、約2~2.5ℓの水分が失われます。それを補うためには、食事から約1ℓ、体内での代謝から200ml、そして飲料水として約1~1.3ℓが必要とされます。これはあくまでも平常時なので、ちょっと汗をかいたなぁという時は、さらに飲料水を500ml~1ℓ追加して考えて下さい。

そして、私たちの身体では、0.9%程度のナトリウム(塩分)を含んだ血液が循環しています。汗が少ししょっぱく感じるのはそのせいですね。特に今の季節など、大量に汗をかくと、体内のナトリウムも失われます。そんな時に、水だけを飲むと、血液のナトリウム濃度が下がるので、これ以上濃度を下げないように、水を飲めなくなってしまいます。これを「自発的脱水」といい、こうなると水分量の回復ができずに運動能力もダウンして体温が上がり、熱中症へとつながりやすくなります。

対策としては、大量に汗をかいた時、1時間以上の運動をする時などは、0.1~0.2%の塩分+糖質を含んだ飲料をとることです。ただし、市販のスポーツドリンクなどは、糖分が多くカロリーオーバーも気になるところ。市販のものでしたら、倍程度にうすめてから少し塩分を足すとちょうどよくなるかと思います。

 

また、水分はお水でも、お食事のときに梅干のおにぎりやお味噌汁などで適度に塩分が摂取できていれば、必要以上に神経質になる必要もないかと思います。

 

私の一番のおすすめは、手作りドリンク。

 

ミネラルウォーターに、良質のミネラルをふくむ塩(天日や平窯製造のものがおすすめです)と、ハチミツや黒糖をプラス。さらにレモンを入れると、疲労回復効果のあるクエン酸も摂取できるので相乗効果バツグンです。

 

適度な運動と適切な水分補給で、楽しみながら暑い夏を健康に過ごしましょう。

o0480033913143603778

ピラティススタジオ スリーランズ大阪

 

大阪十三淀川区のピラティススタジオ - ThreeLands(スリーランズ) 大阪十三淀川区のピラティススタジオ
ThreeLands(スリーランズ)
〒532-0023 大阪市淀川区十三東2-10-8 merci osaka 4階

レッスン中の場合、留守番電話になりますので「お名前」「ご用件」
を入れてください。折り返しご連絡いたします。