ブログ

足の裏のタコはなぜできてしまうのか?

こんにちは
トレーナーの平野です。

ときどきお客様の中に足の裏にタコができてしまっている方をお見かけすることがあります。
場所は指の付け根の少し膨らんだ関節のところです。

正しく足を使えていればこのようなタコはできません。
ではなぜタコができてしまうのでしょうか?

足の裏は土踏まずがひき上がっていることで安定して体重を支えることができます。
しかしタコができてしまう人はこのつちふまずが崩れてしまっているのです。

これは足の指を使えていないのが原因の一つです。足のうらにタコができてしまう人の中には足の裏を床につけたときに指がつかない、もしくはつきにくい。という人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

このような人は足の指をしっかりと使うトレーニングをしなければいけません。
足の指がつかないまま生活していると、ずっとタコは治りませんし、さらには足の裏は身体の基礎なので全身も安定しません。

スリーランズのレッスンでは足の指を使う動きがたくさんあります。

歩行の再トレーニングを目的に開発されたコアアラインは足の指からコアや全身をしっかりと使って歩くという感覚を学ぶことができます。終わった後は指が床に自然とつきやすくなっているのを実感していただけると思います。

t02200330_0800120013540575926

また、マスターストレッチも足の指を使うトレーニングとして効果的です。

t02200330_0800120013540575925

しっかりと足の裏を使い、健康的な身体を作っていきましょう。

three Landrs HP

three Lands facebook

ピラティススタジオ スリーランズ大阪

 

大阪十三淀川区のピラティススタジオ - ThreeLands(スリーランズ) 大阪十三淀川区のピラティススタジオ
ThreeLands(スリーランズ)
〒532-0023 大阪市淀川区十三東2-10-8 merci osaka 4階

レッスン中の場合、留守番電話になりますので「お名前」「ご用件」
を入れてください。折り返しご連絡いたします。