ブログ

身体のコア(芯)を意識する

んにちは。トレーナーのRyokoです。

街で歩いている時にシャンと背筋を伸ばして颯爽と歩いている人がいると、目をひかれます。爽やかな空気が流れて見ているこちらまで気持ち良いですよね。

 

姿勢を良く歩くためには、小さな筋肉から関節までがバランスよく協調していることが大切ですが、その中でもまず一番最初に安定させたいのが「コア」の部分です。

 

コアの定義は色々ありますが、ピラティスを行う上で意識してもらいたい重要な4つの筋肉がこちらです。

 

  1. 横隔膜
  2. 多裂筋
  3. 腹横筋
  4. 骨盤底筋群

 

この4つのインナーマッスルが、内臓をコルセットのように支えてくれて、体の中の部分で軸がぶれないように支えてくれています。

この部分は体の深層部にあるため少し意識しづらい部分ではありますが、イメージしながら使ってあげると歩行や動作など変化を感じることができます。

ピラティスではこの筋肉をしっかりトレーニングしながら機能的な身体を目指すことができるのでおすすめです。

o0480048012786395217

コアの筋肉が使えるようになってくると、内臓の位置も本来あるべき場所へおさまって機能も正常化し、ぽっこりしたお腹まわりがスッキリしたり、姿勢の改善や美しいスタイルへとつながっていきます。

 

ぜひ日常生活の中でも頭の中でイメージしながら動いてみて下さい。

 

ピラティススタジオ スリーランズ大阪

 

大阪十三淀川区のピラティススタジオ - ThreeLands(スリーランズ) 大阪十三淀川区のピラティススタジオ
ThreeLands(スリーランズ)
〒532-0023 大阪市淀川区十三東2-10-8 merci osaka 4階

レッスン中の場合、留守番電話になりますので「お名前」「ご用件」
を入れてください。折り返しご連絡いたします。